« 超・格差社会アメリカの真実 | トップページ | ホテル・ルワンダ(DVD) »

2007年2月 7日 (水)

鳥インフルエンザ

正直、なんで日本はこんなに緊張感が無いのかと思ってしまう。

鳥インフルエンザ(H5N1)がパンデミック状態となった場合、その強烈な毒性で人類の滅亡は避けられない。

実は今非常に危険な状態で、2007年に入ってインドネシアのジャカルタで鳥インフルエンザが流行の兆しを示しているのは有名な話だけれど、、、さらに洪水で大変なことになっていてますます危険度は上がっている。

一応警告しておくと、こいつはSARSどころの比では無い大規模な渡航制限になるはずだ。

参考までにこんな情報をお知らせしておこう。

Impact on human society
There has been a huge impact of H5N1 on human society; especially the financial, political, social and personal responses to both actual and predicted deaths in birds, humans, and other animals.
Billions of U.S. dollars are being raised and spent to research H5N1 and prepare for a potential avian flu pandemic. Over ten billion dollars have been lost and over two hundred million birds have been killed to try to contain H5N1.
This, like everything else, is subject to political spin; wherein every interest group picks and chooses among the facts to support their favorite cause resulting in a distortion of the overall picture, the motivations of the people involved and the believability of the predictions.
People have reacted by buying less chicken causing poultry sales and prices to fall. Many individuals have stockpiled supplies for a possible flu pandemic. One of the best known experts on H5N1, Dr. Robert Webster, told ABC News he had a three month supply of food and water in his house as he prepared for what he considered a reasonably likely occurrence of a major pandemic.

パンデミック発生から6ヶ月ほど治療薬の作成に要するらしいので、3ヶ月の食料では足りないかもしれない・・・

|

« 超・格差社会アメリカの真実 | トップページ | ホテル・ルワンダ(DVD) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135435/13828220

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ:

« 超・格差社会アメリカの真実 | トップページ | ホテル・ルワンダ(DVD) »